エンジニアインタビュー

どんな時に仕事の
やりがいを感じますか?

当社のエンジニア、 3名の声を
インタビュー形式でご紹介します。


Q1. 弊社に入社したきっかけを教えてください

もともと不器用な方だったのですが、モノづくりが好きでJAVAを学ぶ職業訓練校に通っていました。
その時に、たまたまうちの人事担当者が会社説明会にきてくださり、私もその場に参加したことがきっかけになります。私の率直な質問にも丁寧に答えてくれたので、未経験で大丈夫だろうか、といった不安要素を取り除けたことが印象に残っています。

Q2.どんな時に仕事のやりがいを感じますか

正直まだやりがいを感じられる余裕がないほど目の前の業務に一生懸命な状況です。
各PJの品質管理業務を行っているので、ドキュメントの作成やチェックが多いのですが、業務知識が追い付いていけず指摘をいただくこともあります。トライ&エラーを経て業務知識を蓄積させていく中で一人前の仕事ができるようになることを当面の目標として日々奮闘中です。

Q3.どんな時に仕事の大変さを感じていますか?

打合せなどの場で業界用語として通用する言葉と現場レベルでしか通用しない言葉が入り交ざった会話についていくことが大変に感じています。知識不足を補うため日々努力の毎日ですが、ここで得る知識が開発工程のどの分野でも活かしていける業務内容ということもあり、大変さの中にも次の活躍の場を見通せる良い経験をさせてもらえていることがモチベーションの向上に繋がっています。

Q4.「この会社でよかった」と思える点を教えてください

働く環境にとても恵まれていると思える点がよかったと思っています。例えば、日々の業務の中で私が進むべき方向を間違えそうになった時は上長が軌道修正をかけてくれるので脱線せず、安心して業務に取り組むことができます。また、中途同期入社の方とも協力し合いながら切磋琢磨できることもモチベーションの向上に繋がっています。あとはテレワークで働ける案件があるところも個人的には時代の流れに対応できているのかなと思います。


Q1. 会社を選ぶ上でこだわっていたことは何ですか?

規模が大きすぎないこと。以前の会社が社長や各関係者との距離感が遠く、なかなか上司(部長や社長)と話す機会がなかっため、距離感が近い会社を探していました。

Q2.どんな時に仕事のやりがいを感じてますか?

自分が作成したソースが問題なく動作したとき。障害やバグを対応・解決したとき。顧客に「ありがとう」と感謝をされたとき。

Q3.この会社の強みは何であると感じていますか?

距離感が近く、話しやすいこと。会社関係者で話をすることが多く、帰属意識が良い意味で保てている。また相談に乗ってくれる人が身近にいることも大きい。 それ以外だと規模が小さいからこそいろいろなことに取り組みがしやすいです。会社のコミュニケーションツールの利用・変更など。

Q4.これからエンジニアを目指す方に向けたアドバイスをお願いします。

知らないことを勉強する際、今は本などなくても情報を検索することで得ることが簡単にできるようになっています。その中で重要なのはどの情報が正しいか取捨選択することです。情報を集め、整理し、実践してみて何が正しいのかを確認していくようすると良いと思います。


Q1. この業界に入る前と後でイメージがどう変わりましたか?

「長時間労働、現場が次々と変わるけど、お給料が低い」そんなイメージでした。入ってからですと私の場合は残業はあまりなく、良い環境で働けていると思います。あと、意外に感じたことが一つあります。コミュニケーションを取る時は基本チャットを使用したり、勤怠の管理はツールを使用するなどオンライン上で全てやり取りができてしまうところにIT業界らしさを感じました。テレワークに対応できる業界であることも身をもって実感しました。

Q2. 職場の雰囲気はどうですか?

少数チームなので、割と和気あいあいとした雰囲気だと思います。そんな中でもメリハリはしっかりされていますので、馴れ合いにはならず、良い緊張感の中で働けていると私は感じています。最近ではテレワークになったこともあり、より綿密なコミュニケーションを取りながら業務を進めていくことを意識しています。

Q3.どんな時に仕事の大変さを感じていますか?

開発プロジェクトの品質を管理するという業務の特性上、知識量が広く深く求められるため、自分でわからないことなどを、どこまで調べ、どこから聞いたほうが効率的なのか、といった判断が難しいことに大変さを感じています。ただ、振り返ってみると、知識量が増え、以前では何日もかかる仕事が1日で終えられたりと日々の成長は実感できているので苦にはなっていないです。

Q4.今後の目標を教えてください。

まずは今のプロジェクトにて約2年を目途に全力を尽くしていきたいと思っています。今の業務の特性上、開発に携わる工程を一通り見通すことのできる場所にいますので、今の業務で実績を積み重ねていくことが次のステップに繋がっていくと思っています。

airwork

TOP